ご連絡先
 お問い合わせ

アーカイブ 2012年度
ごあいさつ


日本産業衛生学会関東地方会
会長 角田 透
 このご挨拶のページをお開き頂き有難うございます。地方会の会長として自分の考えや取り組みを要約してお伝えするのがこのページですが、開いて頂かなければ、始まりません。まずは御礼申し上げます。

 さて、日本だけではないと思いますが、国内の長期にわたる景気の停滞の影響で国全体としての活力が低下しているような感じがします。産業の現場でも明るい話題よりも暗い話題のほうが多いように感じられます。経済政策を軸とした景気浮揚策がいろいろと試みられていますが、千年に一度というような大災害もあり、政策担当者も苦しい財政の中で四苦八苦と云うところのようです。

 そのような状況の中にありますが、その国の産業の盛衰はその国にとっての最大関心事であり、わたしたちの専門である産業衛生(産業保健とか労働衛生、労働保健と云うこともありますが)は産業活動を保健衛生の面から支えるという役割を持っています。裏方的な役割ですが、働く人の健康の保持増進は何はともあれ働くことができる、ということの必須条件でもあります。

 関東地方会は関東地方を活動基盤とする産業衛生学会の地域組織のひとつです。年に4回開催される地方会例会や年に2回発行される地方会ニュース等を通じて、産業衛生の領域にかかわる最新の学術的なテーマから日常の産業保健活動に役立つ実用的なノウハウに至るまでを、会員の誰もが共有できるような環境作りを目差しています。今後とも皆様方のご協力ご支援をよろしくお願い申し上げます。

トップに戻る copyright © 2012-2020 日本産業衛生学会 関東地方会, all rights reserved.